ソノーラテクノロジー
-
遮音(透過損失)とは? アラカルト02-

    防音室メーカーのソノーラTOP > 遮音とは?

透過損失 TL


 空気中を伝搬する音を壁材などで遮断し、反対側への音エネルギーの透過を防ぐことを遮音(透過損失)と言います。壁材に対して入射する音(入射音エネルギー)が壁材を透過することにより透過音エネルギーとなり、透過せずに跳ね返った音を反射音エネルギーと呼び、これらが反響による騒音や透過騒音、欠損の要因になります。

 透過損失は、<英>Transmission lossと言い、遮音量を計算する場合等、TL記号を使用します。また、遮断する構造物を一般的には、遮音材と呼び、遮音パネル・コンクリート壁・鉄板・ボード類などが当てはまります。

 ※ホンについて・・・現在はデシベル(dB)単位で国際的にも統一
 ※「騒音規制法」「労働安全衛生規則」「騒音性難聴の予防のための許容基準」など、当社にお問い合わせ
下さい 。
 

 
質量則 Mass low


 透過損失を大きくする場合は、遮音材の密度を高め、厚くする必要があります。単純に、重くて厚い遮音材ほど、遮音効果があると言えます。遮音効果を効率良く得るためには、質量則+アルファが重要なポイントとなります。
 質量則は次式で計算され、透過損失を推測する際に用います。

TL = 18 log(f・M)−44
Transmission-loss Frequency Mass/sqm

 透過損失は、面密度だけでなく周波数にも影響され、周波数が高い(高周波音)ほど透過損失が大きくなります。 遮音を考える場合、質量則は大前提であり基本です。
 


 ▼遮音材が重く、厚いほど遮音効果が得られる
 ▼質量則以上の遮音効果を得ることは簡単なことではない
 ▼軽くて遮音効果のある材料は存在しない
 ▼遮音と防音・吸音・振動という言葉は意味の違った言葉である
 ▼遮音量を保証する場合は、安全率を設定する
 ▼高周波音は遮音が容易で、施工費が安価である
 ▼低周波音の遮音は難しく、施工費が高価である
 ▼音源の周波数分析の特徴から効果目標に見合った材料の選定を行う

jss

(C)2017 防音室メーカーのソノーラテクノロジー株式会社
sonora@soundenvironment.jp    全支店共通FAX : 03-6740-7875

東京本社営業部 / 東京都世田谷区成城2-40-5 Verte-Bldg 2F : TEL 03-6805-8989
 富士山テクニカルセンター / 静岡県御殿場市保土沢1157-332 : TEL 0550-88-3875
 名古屋営業所 / 愛知県安城市三河安城本町1-8-2ピュアビル1F-B : TEL 0566-91-5057
 関西営業所 / 兵庫県西宮市久保町10-26-604 : TEL 0798-33-8455
 九州・山口 / 指定販売店・菱和サンテック(株)新規事業推進部 : TEL 0942-27-8095