ソノーラテクノロジー株式会社
-騒音対策・防音工事の費用 アラカルト06-

    防音室メーカーのソノーラTOP > 騒音対策・防音工事の費用

騒音対策・防音工事の価格


 騒音対策や防音工事を行う際、最も気になるポイントは費用と効果だと思われます。実際に、問い合わせを頂いた際にも、費用についての問い合わせを最も多く頂きます。今回は費用についての御話を致します。

そもそもいくら掛かるの?
 騒音対策や防音工事は、リフォームや建築工事と違い、一般に馴染みが薄い為、騒音対策を行うのに一体いくらかかるのかが解り難い面があります。 例えば、「防音室_費用」とインターネットで検索してもまず参考になる様なページは出てこないのではないでしょうか。この原因は音の性質や対策方法によって大きく値段が変動する為であり、一概に「一回いくら」「平米いくら」と金額を出し辛い為です。
 簡単な吸音工事なら云万円ですが、巨大な防音壁なら云千万円の費用がかかる場合もあります。調査費だけでも何十万円と掛かる場合もあります。
 ソノーラではそういったユーザー様では見え難い面を払拭する為にも、全国どの地方へでも無料で、診断、分析、検討をさせて頂き、御見積を提出するシステムにしています。

高いのか、安いのか
 見積をもらっても「この位掛かるのか」とは把握できますが、その金額が高いのか安いのかの判断はなかなか難しいと思います。そういった場合、当然、同業他社との相見積になると思いますが、会社によって金額が大きく異なる事があると思います。そのような場合は 、仕様差異の可能性が考えられます。音を落とす方法は当然、各社異なりますが、附帯ユーティリティや性能保証等、様々な条件によって金額が変動するのです。見積をとる場合には、仕様を刷り合わせてから相見積を取らなければ、真に安いか高いかが解らないのです。

金額差の原因代表例
異常に安い場合
 ・対策後の効果が不明、曖昧(保証無し=一番あぶないパターン)
 ・希望スペックを満たしていない(情報不足or施工側知識不足)
 ・納入範囲が異なる(部材販売のみなど)

異常に高い場合
 ・希望スペックを大幅に超えている(実際に必要な場合も有る=要施工側説明)
 ・附帯ユーティリティの有無(防音カバーの扉が全自動である等)
 ・単純に高い(金額相場が解り難い事を良い事に言い値でしか仕事をしない)
 ・単純に高い(実際に防音の仕事をしているのは3〜4次下請け業者である等)

最後に(会社PR)
 費用についてのポイントを簡単に挙げたつもりですが、それ以前のどんな会社であれば安心であるかを選ぶ為の個人的に思うポイントは
 ・会社の実績
 ・効果検証or効果保証の有無
 ・対策への独自の工夫が見られるか(施工後の作業性など)

この3点がポイントではないかと思っています。

ソノーラのHPには施工実績なども載っておりますので是非一度御覧下さい。
騒音対策の為の事前調査も無料で行っております。是非一度、お問い合わせ下さい。

Yuki Chiba [技術部]
 


jss

(C)2013 防音室メーカーのソノーラテクノロジー株式会社
sonora@soundenvironment.jp    全支店共通FAX : 03-6740-7875

 ■東京本社営業部 / 東京都世田谷区成城2-40-5 Verte-Bldg 2F : TEL 03-6805-8989
 富士山テクニカルセンター / 静岡県御殿場市保土沢1157-332 : TEL 0550-88-3875
 名古屋営業所 / 愛知県安城市三河安城本町2-10-11-202 : TEL 0566-91-5057
 関西営業所 / 兵庫県西宮市久保町10-26-604 : TEL 0798-33-8455
 九州・山口 / 指定販売店・菱和サンテック(株)新規事業推進部 : TEL 0942-27-8095